AGA(男性型脱毛症)

薄毛というとネガティブなイメージしかないように思えますが、多くの男性が成人を迎えると、その後徐々に頭髪が薄くなるそうです。

 

こうした男性の薄毛を、AGA(男性型脱毛症)といいますが、これはテストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという酵素と結合してジヒドロテストステロンに変化し、髪を創りだす毛母裁縫を委縮させて髪の成長を止めてしまうことによって起こります。

 

髪の成長が止まると、髪の寿命が短くなります。
次の髪の毛が育たないまま弱った髪が抜けていくと、髪はどんどん減っていきます。
ジヒドロテストステロンが毛母細胞に及ぼす作用は、人種、性別、遺伝、環境などによって異なります。

 

ですから、成人した男性がみんな薄毛になるというわけではなく、AGAの進行の度合いには個人差があるのです。
最近は10代のころから育毛シャンプーや育毛剤を使用している人が多いそうです。

 

昔はハゲは遺伝する、というのが一般的な考え方で、遺伝なら諦めるしかないと思われていましたが、最近はAGA治療をして薄毛を食い止めたり、発毛を促したりすることができます。
AGA治療専門のクリニックでは、薄毛の原因を究明して個人に合わせた治療ができるので、効果があるかどうかわからない育毛剤にお金を使うより、効率的に薄毛治療がおこなえます。

関連ページ

「男性型脱毛症(AGA)」とは
多くの男性を悩ませる「男性型脱毛症(AGA)」とは?この男性型脱毛症による脱毛は、筋肉や骨格を発達させ、男らしい体をつくる男性ホルモンが原因とされています。
男性ホルモンの影響でヒゲは濃くなり髪は薄くなる
毛母細胞の成長が抑制され、アポトーシス(細胞死)を起こすようになり、ヘアサイクルの成長期が短縮し、細くて短い毛に生え替わりながら、うぶ毛へと逆転換してハゲになっていくことがわかってきました。
男性型脱毛症
AGAという言葉を聞く機会が増えたと思いますが、これは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンの影響で薄毛や脱毛してしまう症状の事を指します。
薄毛の進行の原因
薄毛の進行の原因が、男性ホルモンDHTによる場合、頭皮の血行を促進する薬を服用していてもあまり効果はありません。
薄毛の原因
AGAに悩む男性は全国に1千万人以上もいるといわれていますが、その原因は一つではありません。
クリニックでのAGA治療
通販やドラッグストアではいろいろな育毛剤が人気を集めているようですが、最近はクリニックでのAGA治療も盛んにおこなわれています。
AGA治療
最近は全国のたくさんのクリニックで、AGA治療ができるようになってきまし
AGAの専門の治療
髪型一つで印象はガラリと変わります。そのため、薄毛だと年老いた印象を持たれることが多いと思います。