男性型脱毛症

AGAという言葉を聞く機会が増えたと思いますが、これは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンの影響で薄毛や脱毛してしまう症状の事を指します。
AGAのメカニズムは、血液中を流れているテストステロンという男性ホルモンが、毛根にある毛乳頭に入り込み、5αリダクターゼ酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。
ジヒドロテストステロンが毛母細胞に侵入すると、細胞分裂が抑制されて発毛を妨げます。
また、ヘアサイクルと呼ばれる毛周期が乱れて成長期が短くなり、髪は成長する前に抜け落ちてしまうのです。
せっかく生えてきた毛が成長期の前に抜けてしまうということは、今生えている髪が退行期に入って自然に抜け落ちても、新しい毛が育ってないということなので、当然髪は減ってしまいます。
男性ホルモンが毛乳頭に入り込むかどうかは、男性ホルモンを受け入れる受容体があるかどうかによるそうですが、これが遺伝によるものと考えられるため、一般にハゲは遺伝するというふうに言われているのです。
男性ホルモンの影響によるAGAは、男性特有のものと思われがちですが、女性にもAGAはあり、女性の薄毛や抜け毛、女性のAGA(FAGA)を治療するクリニックも増えています。

関連ページ

「男性型脱毛症(AGA)」とは
多くの男性を悩ませる「男性型脱毛症(AGA)」とは?この男性型脱毛症による脱毛は、筋肉や骨格を発達させ、男らしい体をつくる男性ホルモンが原因とされています。
男性ホルモンの影響でヒゲは濃くなり髪は薄くなる
毛母細胞の成長が抑制され、アポトーシス(細胞死)を起こすようになり、ヘアサイクルの成長期が短縮し、細くて短い毛に生え替わりながら、うぶ毛へと逆転換してハゲになっていくことがわかってきました。
薄毛の進行の原因
薄毛の進行の原因が、男性ホルモンDHTによる場合、頭皮の血行を促進する薬を服用していてもあまり効果はありません。
男性の薄毛
AGA治療をする病院を選ぶのにはポイントがあって、それは、必ずAGA専門のクリニックを選ぶことです。もし県内にAGA専門のクリニックが無かったとしても、県外のAGA専門のクリニックに通われることをお勧めします。
薄毛の原因
AGAに悩む男性は全国に1千万人以上もいるといわれていますが、その原因は一つではありません。
クリニックでのAGA治療
通販やドラッグストアではいろいろな育毛剤が人気を集めているようですが、最近はクリニックでのAGA治療も盛んにおこなわれています。
AGA治療
最近は全国のたくさんのクリニックで、AGA治療ができるようになってきまし
AGAの専門の治療
髪型一つで印象はガラリと変わります。そのため、薄毛だと年老いた印象を持たれることが多いと思います。