「男性型脱毛症(AGA)」とは

病気やストレスから季節の変わり目まで、さまざまな抜け毛の原因があり、現在日本人の成人男性で薄毛を気にしている人の数は、およそ1350万人いるといわれています。なかでも相談件数が増えているのが、男性型脱毛症(AGA)です。

 

男性型脱毛症は「遺伝的素因を持つ思春期以後の男性が、男性ホルモンの影響を受け、全頭ではなく前頭部から頭頂部にかけて毛包が縮小し、硬毛が軟毛化する変化」ということができます。

 

前頭部や額の両サイドが後退していくタイプ(A型、H型)、頭頂部から薄くなるタイプ(C型)、これらの融合タイプ(O発毛型)、などのパターンがありますが、最終的にはほぼ同じく、生え際から頭頂部まで薄くなる(U型)になります。

 

この男性型脱毛症による脱毛は、筋肉や骨格を発達させ、男らしい体をつくる男性ホルモンが原因とされています。

 

睾丸から分泌された男性ホルモンであるテストステロンが毛乳頭細胞内に入ると、5α-リラクターゼ(還元酵素)により、5倍も生理活性の強い5α-DHT(ジヒドロテストステロン)に代謝され、男性ホルモンレセプター(受容体)と結合。

 

さらに、細胞の核内の標的遺伝子のプロモーター(転写の開始に関与するDNA上の特定領域の短い塩基配列のこと)に結びつき、薄毛、細毛を引き起こすようになってきます。

 

 

銀クリ aga 効果 薄毛治療の詳しい情報はこちら

 

 

関連ページ

男性ホルモンの影響でヒゲは濃くなり髪は薄くなる
毛母細胞の成長が抑制され、アポトーシス(細胞死)を起こすようになり、ヘアサイクルの成長期が短縮し、細くて短い毛に生え替わりながら、うぶ毛へと逆転換してハゲになっていくことがわかってきました。
男性型脱毛症
AGAという言葉を聞く機会が増えたと思いますが、これは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンの影響で薄毛や脱毛してしまう症状の事を指します。
薄毛の進行の原因
薄毛の進行の原因が、男性ホルモンDHTによる場合、頭皮の血行を促進する薬を服用していてもあまり効果はありません。
男性の薄毛
AGA治療をする病院を選ぶのにはポイントがあって、それは、必ずAGA専門のクリニックを選ぶことです。もし県内にAGA専門のクリニックが無かったとしても、県外のAGA専門のクリニックに通われることをお勧めします。
薄毛の原因
AGAに悩む男性は全国に1千万人以上もいるといわれていますが、その原因は一つではありません。
クリニックでのAGA治療
通販やドラッグストアではいろいろな育毛剤が人気を集めているようですが、最近はクリニックでのAGA治療も盛んにおこなわれています。
AGA治療
最近は全国のたくさんのクリニックで、AGA治療ができるようになってきまし
AGAの専門の治療
髪型一つで印象はガラリと変わります。そのため、薄毛だと年老いた印象を持たれることが多いと思います。