薄毛の原因

AGAに悩む男性は全国に1千万人以上もいるといわれていますが、その原因は一つではありません。
薄毛の原因は、大きく4つに分類されます。
一つ目は遺伝です。
テストステロンと5αリラクターゼの2つを両親から多く受け継いでしまった場合、脱毛ホルモンのDHTが生まれやすくなりるそうです。
遺伝的要因は多いですが、父や祖父が薄毛だからといって必ず自分も薄毛になるとは限りません。
今は体質に合った対策やAGA治療法がありますので、かなりの高確率で薄毛を予防したり改善したりできます。
二つ目の原因は皮脂分泌過剰です。
皮脂は本来、髪や頭皮に適度な潤いを与え、頭皮や毛穴を保護する役割を持っていますが、過剰に分泌されると汗と混ざり合って毛穴を詰まらせ、髪が抜けやすくなってしまいます。
三つ目はストレスです。
自律神経やホルモンバランスが乱れて血流が滞ると、毛根に栄養が運べず髪が育たなくなります。
四つ目は、血行不良です。
夜更かしや深酒などの不摂生や食生活の乱れ、過度なダイエットなどが、頭皮の血行を妨げて髪に栄養が行き渡らなくなってしまいます。
ニコチンも血行不良を招くので、喫煙の習慣がある人も薄毛には注意したほうが良さそうです。

スポンサーリンク

関連ページ

「男性型脱毛症(AGA)」とは
多くの男性を悩ませる「男性型脱毛症(AGA)」とは?この男性型脱毛症による脱毛は、筋肉や骨格を発達させ、男らしい体をつくる男性ホルモンが原因とされています。
男性ホルモンの影響でヒゲは濃くなり髪は薄くなる
毛母細胞の成長が抑制され、アポトーシス(細胞死)を起こすようになり、ヘアサイクルの成長期が短縮し、細くて短い毛に生え替わりながら、うぶ毛へと逆転換してハゲになっていくことがわかってきました。
男性型脱毛症
AGAという言葉を聞く機会が増えたと思いますが、これは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンの影響で薄毛や脱毛してしまう症状の事を指します。
薄毛の進行の原因
薄毛の進行の原因が、男性ホルモンDHTによる場合、頭皮の血行を促進する薬を服用していてもあまり効果はありません。
男性の薄毛
AGA治療をする病院を選ぶのにはポイントがあって、それは、必ずAGA専門のクリニックを選ぶことです。もし県内にAGA専門のクリニックが無かったとしても、県外のAGA専門のクリニックに通われることをお勧めします。
クリニックでのAGA治療
通販やドラッグストアではいろいろな育毛剤が人気を集めているようですが、最近はクリニックでのAGA治療も盛んにおこなわれています。
AGA治療
最近は全国のたくさんのクリニックで、AGA治療ができるようになってきまし
AGAの専門の治療
髪型一つで印象はガラリと変わります。そのため、薄毛だと年老いた印象を持たれることが多いと思います。