医薬品の育毛剤と医薬部外品の育毛剤

薄毛や抜け毛が増えてきたら、育毛剤の購入を検討する人が多いと思いますが。育毛剤には医薬品や医薬部外品など、いろいろな種類のものがあります。

 

医薬品というと治療薬、つまり薬のことで、これは一般のドラッグストアなどでも購入することができません。
どこで入手するかというと、病院で医師の処方箋をもらって、調剤薬局で入手します。

 

ロゲイン、プロペシアなどは、日本では医療機関でしか入手できません。
(個人輸入をすれば自己責任で購入することはできます)
医薬品にはほぼ確実な効果がある反面、副作用があることがデメリットです。

 

医薬部外品は、医薬品ほど効果的な成分を高濃度配合はできませんが、化粧品よりは医薬品に近い、中間の存在です。
薄毛が治る、髪が生える、などの効能をうたうことはでいませんが、副作用がほとんどないというメリットがあります。

 

医薬部外品の中には、医薬品に近い成分が含まれたものも多く、即効性はなくても使い続けるうちに効果が実感できるものも少なくありません。
AGA治療薬には副作用があり、体質や持病によっては使用できない人もいるので、医薬部外品の育毛剤も多くの人に選ばれています。
安心して使用できるという点では、医薬部外品の育毛剤のほうがより多く普及しているかもしれません。

 

 

銀クリ aga 効果 薄毛治療の詳しい情報はこちら

 

 

関連記事

医薬品の育毛剤と医薬部外品の育毛剤記事一覧

髪が薄くなったり、抜け毛が増えて頭皮が透けて見えるようになると「気にしないでいよう」と思っても、脱毛、育毛、発毛といった言葉が目につくようになってきます。そこで、他人にわからないようにインターネットやドラッグストアなどで育毛剤を手にとるようになるのですが、育毛剤はさまざまな種類があり「何を基準に選ん...