「医薬品」「医薬部外品」

髪が薄くなったり、抜け毛が増えて頭皮が透けて見えるようになると「気にしないでいよう」と思っても、脱毛、育毛、発毛といった言葉が目につくようになってきます。

 

そこで、他人にわからないようにインターネットやドラッグストアなどで育毛剤を手にとるようになるのですが、育毛剤はさまざまな種類があり「何を基準に選んだらよいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか。

 

男性の薄毛・脱毛の原因といえば男性型脱毛症を疑うのが一般的で、男性ホルモン対策ということになりますが、ひと口に抜け毛やハゲ・薄毛といっても、いろいろな誘引による脱毛が考えられます。

 

育毛剤のコーナーにはさまざまなものが並んでいて値段もさまざまですが、注意してみると「医薬部外品」とか「医薬品」という文字が目につくはずです。

 

「医薬品」の場合は、有効成分の効果が認められているもので「疾病の診断、治療または予防に使用される目的とされるもの」。あるいは「身体の構造または影響を及ぼすことが目的とされるもの」と規定されています。
したがってどのような病気に、どのように効くかということを表示することができます。

 

「医薬部外品」の場合は、化粧品的な面も持っていて、医薬品的な効果もあるというもので、両者の中間の製品です。たとえば歯磨き、除毛剤、殺虫剤などや育毛剤・発毛剤などがあります。

 

作用も穏やかですので、どちらかというと積極的治療よりも予防に重点がおかれたものになります。市販されている育毛剤・発毛剤で「薬用◯◯」いうようなものは、ほとんどが医薬部外品で、医薬品に分類されるものは数種類しかありません。

 

 

銀クリ aga 効果 薄毛治療の詳しい情報はこちら