育毛剤にも副作用がある

薄毛・抜け毛が気になり始めたら、多くの方が育毛剤が気になり始める事と思います。
しかし、育毛剤を使う前に知っていて欲しいのが、育毛剤にも副作用があるという事です。
正しい育毛剤の知識を持っていなければ、育毛剤を使っていても更に薄毛・抜け毛が進行する可能性もあります。
育毛剤を使用する前には、必ず育毛剤の効果だけでなく、副作用についても調べておきましょう。

 

一般的には育毛剤には重大な副作用はほとんどないと言われていますが、まれに抜け毛、頭痛、めまい、かぶれ、むくみ、体重増加などの副作用を起こすことがあります。
特にミノキシジルなどを配合した医薬品育毛剤では、症状が発生するリスクが高まるので、用法容量はしっかり守って使用する必要があります。

 

副作用の症状について少し詳しく説明します。
まず、抜け毛ですが、育毛剤を使い始めると、副作用で毛が抜ける初期脱毛と呼ばれる症状が出る人がいます。
この症状は度々話題にあがるため、一定数の人に症状が出ると思いますが、これはあくまで初期症状なので、次第に抜け毛の量も減り、育毛効果が現れてくると思います。
心配な方は、しばらく様子を見た後、使用を中止した方がよいでしょう。

 

次に頭痛、めまい、吐き気などの体調不良ですが、有効成分のミノキシジルを使用した育毛剤に反応し、副作用が現れる方がいます。
このような症状が出る方は全体の数%ですが、ミノキシジルの血管拡張作用により起こる症状なので、低血圧の方は注意が必要です。

 

他には、AGAに対応した商品の一部で男性機能の低下の副作用が報告されています。
これは、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンを抑制する作用によるものです。
深刻な症状に陥ることは稀ですが、気になる方は使用をやめた方がいいかもしれません。

 

最後に、フィナステリド系の育毛剤には、胎児に悪影響を与える可能性があります。
フィナステリドは成人男性専用商品の一部で用いられいるため、本来であれば女性には関係のない成分ですが、より高い育毛効果を求めてフェナステリドに手を出そうと考えている場合は注意が必要です。

 

間違った使い方をして、後悔することの無いよう、用法容量、効能、副作用、全てを把握した上で育毛剤を使用することをお勧めします。

 

 

銀クリ aga 効果 薄毛治療の詳しい情報はこちら

関連記事