髪が危ない人におすすめの髪型

「白髪が目立ち始めたから長髪にしたい」という人がいます。これは逆です。髪の毛を長くするほど白い毛が目立ってしまうのです。白髪隠しならむしろ短く刈ったほうが目立ちません。

 

白髪が目立ち始めた人には短髪がおすすめです。これは、抜け毛の気になる人にも共通です。そういう人にもやはり短髪がおすすめです。長い毛が抜けると、ショックが大きいのです。

 

ここで、髪によい髪型、悪い髪型を簡単にご紹介しましょう。

 

《パーマ》パーマ自体が脱毛に直結するわけではありませんが、弱ってハリのなくなった髪にかけると脱毛のきっかけになります。また、内臓の弱った人は、頭皮が荒れることもあります。

 

《短髪》抜け毛のひどくなった人に勧める髪形です。長髪より抜け毛が気にならなくなります。

 

《七三分け》 いつもピタッと同じところで分けている人は要注意です。髪の自然な流れに逆らうことはよくありません。

 

《オールバック》意外に髪に負担がかからない良い髪型です。自然に髪が後ろヘ流れる人が、このスタイルにしているのならまったく影響はありません。

 

《後ろで結ぶ》後ろで縛るこのスタイルだと、常に髪を後ろに引っ張ることになり、前頭部の毛根に負担がかかってしまいます。

 

《薄毛隠し》髪の自然な流れに反した髪型でもこれは例外です。おしゃれ心が大事なのです。「いっそ、丸刈りに」とあきらめた人ほど髪が弱ってくるのは確かです。

 

 

銀クリ aga 効果 薄毛治療の詳しい情報はこちら

 

関連ページ

健康な髪の毛
健康な髪の毛は、一目見ただけでも、青竹のようなハリとツヤ(光沢)が感じられます。逆に不健康な髪の毛は、カサついて見えます。
皮脂の取りすぎ
「皮脂の取りすぎ」「皮脂の出口をふさぐ」手入れは致命的
毎日髪を洗うのはやめて
なぜシャンプーのしすぎがよくないかというと、それは頭皮の脂分を奪ってしまうからです。
耳たぶのできものは頭皮の異常サイン
人間のカラダというのは本当によくできているもので、頭皮に異常があると、耳たぶにサインが出て、私たちに教えてくれるのです。
眉毛と眉毛の間に髪の弱りが出る
眉毛と眉毛の間にデキモノが出ていたり、肌がカサカサしている人にハゲの兆候が出ています。これは、髪の毛の健康に対するSOSのサインと考えられます。
首筋のコリは髪の毛の赤信号!
首筋のコリ、とくに両側面のスジがコリ出すのも、髪の毛の赤信号のひとつと考えていいでしょう。
ため息ひとつも不思議な前兆現象
ため息というのは、呼吸の乱れです。呼吸が乱れている人からハゲの兆候が見えることがあります。つまり、呼吸の乱れが髪を弱くしているのです。
季節によって抜け毛の量は変わる
髪の毛は毎日に抜けていますが、その数は一定ではなく、体調や食生活、気温、湿度、紫外線の強さや量、季節などにより変動しています。
「女性型脱毛」
女性の場合、その薄毛の進行のしかたは男性のような額の生え際やM字から薄くなることはほとんどなく、全体的に間引かれるように薄くなってゆく「びまん性脱毛」の症状がほとんどです。
女性脱毛症の特徴
女性型脱毛症は完全にハゲることなく、ヘアサイクルが繰り返されるにつれて髪の毛が徐々に細くなり、頭皮が透けて見える「細毛化現象」が中心です。
ヘアサイクル
髪の毛をはじめ、体毛にはヘアサイクルという周期があり、成長を終えた髪は自然に抜け落ち、その間に新しい髪が成長して生えかわります。