ドライヤーは「弱風でやさしく」か「熱風で一気に」か

洗髪後の乾燥には注意が必要です。少なくとも髪の毛の手入れを考えるのなら、乾燥には十分に気をつけなければなりません。

 

まず、普通は洗髪後、タオルを使って水を拭き取ります。このときも、無造作に拭くのではなく、タオルに手のひらを当て、マッサージするように軽く回しながら、下から上へ側頭部から頭のてっぺんへ向かってやさしく拭きあげるのです。

 

十分に拭き終わった後は、自然に乾燥するか、ドライヤーを使うか……です。急ぐ時はもちろんドライヤーですが、時間があるときも、自然乾燥よりドライヤーをオススメします。

 

理由は、指やクシを使いながらドライヤーをかけることで、髪の毛の1本1本がピンと伸びます。つまり“姿勢のいい”髪の毛になるのです。こうすると、寝ぐせもつきにくくなります。

 

ただし、ドライヤーのかけ方にはコツがあります。ドライヤーを頭皮に直接当てず、髪の毛だけに当てるようにします。頭皮に直接当てると、皮脂まで飛んでしまって、髪の毛にうるおいがなくなってしまいます。

 

それから、ドライヤーはダラダラと長時間かけずに、手早くやることです。そのためにはできるだけ大きめの、強い風が出るドライヤーのほうが向いています。

 

時間をかけると、せっかくの水分が蒸発しすぎてカサついてしまうのです。風は1ヶ所に集中させず、常にまんべんなく髪の毛全体に行き渡るように当てるのがコツです。

 

 

銀クリ aga 効果 薄毛治療の詳しい情報はこちら

 

関連ページ

髪のケア
洗髪と同時にマッサージするのはもちろんですし、ちょっとあいた時間を利用してこまめに頭皮をマッサージしてあげることもとても効果的です。
こむら返りをよく起こす人にハゲが多い
ハゲの人に話をきいてみると、ほとんどの人が「こむら返りをよく起こす」と答えています。冷えがその人の頭をハゲにしてしまうのです。
オールバックは意外に髪にやさしい
毛の流れとして自然にオールバックになってしまう人は無理に七三分けや六四分けにするより、オールバックにしたほうが理想的です。“髪にやさしい”からです。
“ソリ込み”が入る
カラダの冷えは、髪の毛の大敵です。“冷え性”の人に限ってひたいの毛の生えぎわ、それも左右の両端が“ソリ込み”を入れたようにハゲ上がってくるのです。
髪の毛がしぼんでいる
睡眠不足は、髪の毛の健康ともろに直結しています。職業柄、夜働かなければならない人とか、好んで宵っぱりの生活をしている人たちは、テキメンに髪の毛が傷んでいます。
脱毛の誘因は男性ホルモンだけではない
男性型脱毛はおもに男性ホルモンが影響し、その感受性などが関係しています。ですが、脱毛の誘因は、男性ホルモンだけではありません。薄毛・ハゲの進行スピードなどにシャンプーも関係してきます。
健康な頭皮の条件
頭髪ケアと聞くと髪の毛のことだけに注目しがちですが、もっとも大切なのは毛髪を生み出す土台となる頭皮です。
薄毛になる可能性
現在、薄毛や抜け毛に悩んでいる日本人は、1400万人以上いると言われていますが、全人口のほぼ1割という数字は欧米やアジア諸国よりもかなり多いのだとか。
女性のAGA
最近女性のAGAが話題になっていますが、本来男性ホルモンの影響で起こるとされているAGAに、どうして女性がなってしまうのでしょうか。