女性のAGA

最近女性のAGAが話題になっていますが、本来男性ホルモンの影響で起こるとされているAGAに、どうして女性がなってしまうのでしょうか。
多くの女性が知っていると思いますが、女性の体内にも男性ホルモンは存在しています。
テストステロンやジヒドロテストステロンといった男性ホルモンが体内で合成されて髪に影響するというメカニズムは、男性も女性も同じです。
しかし、女性のAGAは男性のAGAと特徴が異なります。
それにはやはり、女性ホルモンの存在が関係しているのです。
テストステロンという男性ホルモンが脱毛に影響を与えるのとは逆に、女性ホルモンのエストロゲンには髪を育てる働きがあります。
若い女性は、女性ホルモンの働きが活発で、血中のテストステロンの濃度は男性の20分の1程度しかありません。
そのため、若い女性はもともと髪が少ないという場合を除いて、薄毛に悩む人が少ないのです。
女性ホルモンのエストロゲンが働くことで、ヘアサイクルは長くなり、薄毛や抜け毛が起きていても進行が遅いため見た目にはわからないということが多いという特徴もあります。
そのため、女性ホルモンの分泌が減る中年以降の女性に、AGAの症状がみられやすいといわれています。

関連ページ

髪のケア
洗髪と同時にマッサージするのはもちろんですし、ちょっとあいた時間を利用してこまめに頭皮をマッサージしてあげることもとても効果的です。
ドライヤーは「弱風でやさしく」か「熱風で一気に」か
ドライヤーはダラダラと長時間かけずに、手早くやることです。そのためにはできるだけ大きめの、強い風が出るドライヤーのほうが向いています。
こむら返りをよく起こす人にハゲが多い
ハゲの人に話をきいてみると、ほとんどの人が「こむら返りをよく起こす」と答えています。冷えがその人の頭をハゲにしてしまうのです。
オールバックは意外に髪にやさしい
毛の流れとして自然にオールバックになってしまう人は無理に七三分けや六四分けにするより、オールバックにしたほうが理想的です。“髪にやさしい”からです。
“ソリ込み”が入る
カラダの冷えは、髪の毛の大敵です。“冷え性”の人に限ってひたいの毛の生えぎわ、それも左右の両端が“ソリ込み”を入れたようにハゲ上がってくるのです。
髪の毛がしぼんでいる
睡眠不足は、髪の毛の健康ともろに直結しています。職業柄、夜働かなければならない人とか、好んで宵っぱりの生活をしている人たちは、テキメンに髪の毛が傷んでいます。
脱毛の誘因は男性ホルモンだけではない
男性型脱毛はおもに男性ホルモンが影響し、その感受性などが関係しています。ですが、脱毛の誘因は、男性ホルモンだけではありません。薄毛・ハゲの進行スピードなどにシャンプーも関係してきます。
健康な頭皮の条件
頭髪ケアと聞くと髪の毛のことだけに注目しがちですが、もっとも大切なのは毛髪を生み出す土台となる頭皮です。
薄毛になる可能性
現在、薄毛や抜け毛に悩んでいる日本人は、1400万人以上いると言われていますが、全人口のほぼ1割という数字は欧米やアジア諸国よりもかなり多いのだとか。