男性ホルモンが作用

秋口は夏の間に浴びた紫外線などで髪や頭皮が傷み、抜け毛が増える時期です。
特に額の生え際や頭頂部など顔立ちの印象を変える薄毛は、男性にとって深刻な悩みになります。
最近は医療機関の受診や植毛など積極的に薄毛対策を取る人も増えているようです。薄毛との付き合い方を専門家に聞いてみました。

 

 ■男性ホルモンが作用

 

 「加齢により髪が細く短くなる現象は、大なり小なりすべての男性に起こる。しかし、遺伝と男性ホルモンが関係する男性型脱毛症(AGA)は若い年代でも進行するケースがあり、深刻に悩む男性も多い」ということです。

 

 人間の頭髪にはサイクルがあり、成長期、退行期、休止期を経て再び成長期に入ります。3〜5年で成長したあと毛は抜け落ちますが、一本一本の成長はバラバラなので一定量が保たれています。1日平均100本程度の抜け毛があるのは異常ではありません。

 

 一方、思春期以降の男性の前頭部や頭頂部の髪が細く短くなり、少しずつ薄くなるAGAは毛の成長期が短いため、太く硬く長い髪が減り、細く柔らかい髪が増えて地肌が透けてみえるようになります。

 

原因の一つは「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンです。
ジヒドロテストステロンは前頭部と頭頂部に作用しやすいことが知られていて、遺伝的にどの程度、ジヒドロテストステロンに敏感に反応する毛根を持つかによって薄毛の進行度は異なるといいます。

 

 

カークランドロゲイン5%が格安

 

銀クリで薄毛治療を受けるときも、外用薬はカークランドのロゲイン5%を使うと、費用がかなり抑えられます。

 

8本で7,900円(税込)
6本+2本の8本で7,900円(税込)■2本ずつ4回に分けて発送!■スポイト付カークランドロゲイン5%(男性用)

 


ロゲイン 格安

関連記事

男性ホルモンが作用記事一覧

今年は、“ハゲ芸人”として認知度の高いバイきんぐ小峠の熱愛報道があったり、薄毛だと飲食代やホテルの宿泊料金が割引になるといった「ハゲ割」が話題となったりしました。薄毛に悩む人たちにとってポジティブな1年だったようですが、世間が薄毛に対して温かい目を向け始めた反面、薄毛に悩む20代30代は徐々に増加傾...

「20代30代の薄毛は深刻ですが、実際は薄毛でないのに薄毛への不安に駆られ病院へ通い詰める「若ハゲ恐怖症」というものが増えている」といいます。慌ただしく時間が過ぎていく中、いかにストレスを感じずに過ごすかがポイントとなりそうです最近は医療機関の受診や植毛など積極的に薄毛対策を取る人も増えているようで...

m字はげの治療法は、早ければ早いほど治療効果は高いので、早急に対策を立てる必要があります.。手っ取り早いのは育毛剤で、m字はげ対策育毛剤でおすすめなのは、薬用プランテル、薬用ナノアクションD 、チャップァップなどです。本格的に薬を使用するなら、フィナステリドです。これはプロペシアのことで、頭頂部の薄...