シャンプー方法も大切

今年は、“ハゲ芸人”として認知度の高いバイきんぐ小峠の熱愛報道があったり、薄毛だと飲食代やホテルの宿泊料金が割引になるといった「ハゲ割」が話題となったりしました。
薄毛に悩む人たちにとってポジティブな1年だったようですが、世間が薄毛に対して温かい目を向け始めた反面、薄毛に悩む20代30代は徐々に増加傾向にあるといいます。
最近は医療機関の受診や植毛など積極的に薄毛対策を取る人も増えているようです。
「加齢により髪が細く短くなる現象は、大なり小なりすべての男性に起こります。しかし、遺伝と男性ホルモンが関係する男性型脱毛症(AGA)は若い年代でも進行するケースがあり、深刻に悩む男性も多い」ということです。

 

 ■シャンプー方法も大切
薄毛を予防するためには、毛穴に汚れがたまらないよう、しっかりとケアすることも大切です。
シャンプーは刺激の少ないタイプを使いましょう。髪と頭皮をぬらす前に頭皮全体を軽くマッサージして硬くなった頭皮の血行を促します。シャンプーをよく泡立て、爪を立てずに指の腹で丁寧にやさしく洗います。1度目は髪と頭皮の汚れを取ることを意識し、すすいでから2度目の洗髪を。指の腹の位置をずらしながらまんべんなく洗ってよくすすぎましょう。
終わったら、しっかりとドライヤーで髪を乾かして細菌の繁殖などを抑えます。

 

 

銀クリ aga 効果 薄毛治療の詳しい情報はこちら

 

関連ページ

若ハゲ恐怖症
20代30代の薄毛は深刻ですが、実際は薄毛でないのに薄毛への不安に駆られ病院へ通い詰める「若ハゲ恐怖症」というものが増えている。
m字はげの治療法
秋口は夏の間に浴びた紫外線などで髪や頭皮が傷み、抜け毛が増える時期です。特に額の生え際や頭頂部など顔立ちの印象を変える薄毛は、男性にとって深刻な悩みになります。