若ハゲ恐怖症

「20代30代の薄毛は深刻ですが、実際は薄毛でないのに薄毛への不安に駆られ病院へ通い詰める「若ハゲ恐怖症」というものが増えている」といいます。
慌ただしく時間が過ぎていく中、いかにストレスを感じずに過ごすかがポイントとなりそうです
最近は医療機関の受診や植毛など積極的に薄毛対策を取る人も増えているようです。薄毛との付き合い方を専門家に聞いてみました。

 

■大きい個人差
「加齢により髪が細く短くなる現象は、大なり小なりすべての男性に起こります。しかし、遺伝と男性ホルモンが関係する男性型脱毛症(AGA)は若い年代でも進行するケースがあり、深刻に悩む男性も多い」ということです。

 

薄毛を解決しようと積極的に専門医療機関や植毛技術に頼る人も増えています。
平成25年度の植毛市場は前年度比10%増です。また、薄毛治療は病気ではないため自由診療ですが、クリニックの年間延べ受診者数は7年前に比べ約2倍に増加しています。特に40代と50代の増加率が高いようです。

 

治療は抗男性ホルモン剤の内服と外用薬の塗布など。3〜4カ月で改善する人もいるが、本人が満足する治療の効果を得られない人もいるといいます。

 

「髪の毛の悩みは、個人差が大きく本人の受け止め方次第ともいえます。髪のためにも心身の健康を損なうことのない生活を心がけることが大切です。必要なら早めに専門医に相談をしましょう」ということです。

 

 

銀クリ 薄毛治療の詳しい情報はこちら

 

関連ページ

シャンプー方法も大切
薄毛を予防するためには、毛穴に汚れがたまらないよう、しっかりとケアすることも大切です。
m字はげの治療法
秋口は夏の間に浴びた紫外線などで髪や頭皮が傷み、抜け毛が増える時期です。特に額の生え際や頭頂部など顔立ちの印象を変える薄毛は、男性にとって深刻な悩みになります。