ハゲたくない

フケが出て困るという人は、たいていの場合、シャンプーの使い過ぎによってかえって肌を痛めている人が多いものです。

 

フケ症の人は、洗髪の前にオリーブオイルかベビーオイル、できればツバキ油を頭皮によくすり込んで、それをお湯でいったんよく流してから、改めてシャンプーを使うのがよいでしょう。

 

こうすると頭皮を痛めません。ところがそれが面倒だというので、すぐ“フケ取りシャンプー”に頼る人がいます。これはちょっと考えものです。なぜかというと、このフケ取りシャンプーには硫黄分が入っています。この硫黄分が、古い頭皮を溶かしてしまうのです。

 

硫黄分の入った温泉は、肌をきれいにしますが、これも、肌の表面の老廃物を溶かしているから、入浴後にツルツルとなめらかになるのです。しかし、頭皮はちょっと違います。つまり頭皮にとっては効果が強すぎるのです。

 

古い頭皮というのは、つまりフケの元のことです。そこで頭皮の角質層がフケになってはがれる前に、フケの元ぐるみ溶かしてしまおう……という薬剤です。

 

したがって、一度目はよく効きますが、しだいに効き目がなくなってきます。フケ取りシャンプーは常用せずに、1ヶ月に一度くらいにしておいたほうが賢明です。

 

とにかく、シャンプーを使う前に1度お湯で洗っておくと、シャンプーは小さじ1杯程度で十分に洗髪効果が出ます。それでいいのです。

 

 

銀クリ aga 効果 薄毛治療の詳しい情報はこちら

関連ページ

頭皮ケアに有効的なシャンプー
薄毛や抜け毛でお困りの方は、育毛剤の使用をお勧めしますが、どうしても面倒で継続できない!という方は、育毛シャンプーをお勧めします。
大人気の朝シャン
若い女性たちに大人気の朝シャン。あれは確かに、清潔感という意味で精神的に安らぎになるでしょう。でも髪の毛のためを思えば、毎日の朝シャンはかえってよくないのです。
リンスが頭皮を窒息させている
もともと、頭皮には皮脂腺とか汗腺が出ていますが、油膜でこれを覆ってしまうと、汗がでなくなります。頭皮が呼吸困難になってしまうのです。
シャンプーの種類と抜け毛は無関係
巷には「石けんで洗うのは髪の毛に悪い」といった“迷信”が広まっているようです。シャンプー時代に生まれ育っている人たちにとってはそれが“常識”なのでしょう。
シャンプー剤選択の第一条件
健康な髪や頭皮は微酸性から弱酸性の状態ですので、シャンプー剤も pH値が約4.5〜6.0の弱酸性タイプがおすすめです。
石けんで髪を洗ってもいいの?
石けんとシャンプー剤の両方を試してみて、自分の目的、頭皮や髪の状態に合っていたらどちらを使ってもよいですし、単に洗浄を目的とするのであれば、石けんで洗い、酢などでリンスをしてもよいでしょう。
育毛のポイントを3つ挙げると
育毛のポイントを3つ挙げるとすると、まずは新しい毛が抜けないようすること、そして頭皮の血行を促進すること、最後に、毛穴の皮脂を取り除くことです。
育毛シャンプーで頭皮環境を整える
育毛シャンプーといえば、薄毛や抜け毛が気になりはじめたら使うもの、というイメージがあります。
育毛シャンプーの種類
薄毛を解消して育毛をするためには、日ごろのヘアケアが大切です。