シャンプー剤選択の第一条件

シャンプー剤やリンス剤を選ぶ場合、選択方法は特別な場合を除いてCMなどのムード的なものによって判断され、買い求められているのがほとんどです。

 

ドラッグストアのシャンプーの棚いっぱいに極彩色のボトルがならび、有名無名の製品が独自のケアを提唱して各々のラインを揃え、所狭しと選んでもらうのを待っている状況を見ると、これらのなかから自分の目的とするものを選ぶのは非常にむずかしいものです。

 

健康な髪や頭皮は微酸性から弱酸性の状態ですので、シャンプー剤も pH値が約4.5〜6.0の弱酸性タイプがおすすめです。

 

弱酸性の状態のとき毛髪は、強度もツヤも最高であり、頭皮も健康なのです。そこで使用の目的によっても違いますが、シャンプー剤選択の第一条件は弱酸性のものがよいということになります。

 

シャンプー剤によっては、毛穴内部まできれいにし過ぎるとシャンプー剤が浸透しやすくなってしまい、かえって炎症などのトラブルが起こることがあります。

 

自分が使っているシャンプー剤はどのくらいの時間洗えばよいかは、汚れや皮脂の状態、頭皮の緊張度合いなどによって違います。最初は普通に洗ってみて、しだいに時間をかけ、自分の頭皮にあった時間を見つけるようにしましょう。

 

洗い終わったあと、かゆみが出るまでの時間やベタつきの具合、汚れ落ちの具合や洗ったあとのさっぱり感などによって判断します。

 

 

銀クリ aga 効果 薄毛治療の詳しい情報はこちら

 

関連ページ

頭皮ケアに有効的なシャンプー
薄毛や抜け毛でお困りの方は、育毛剤の使用をお勧めしますが、どうしても面倒で継続できない!という方は、育毛シャンプーをお勧めします。
大人気の朝シャン
若い女性たちに大人気の朝シャン。あれは確かに、清潔感という意味で精神的に安らぎになるでしょう。でも髪の毛のためを思えば、毎日の朝シャンはかえってよくないのです。
ハゲたくない
「フケも取りたい、ハゲたくない」ならこの方法がおすすめです。
リンスが頭皮を窒息させている
もともと、頭皮には皮脂腺とか汗腺が出ていますが、油膜でこれを覆ってしまうと、汗がでなくなります。頭皮が呼吸困難になってしまうのです。
シャンプーの種類と抜け毛は無関係
巷には「石けんで洗うのは髪の毛に悪い」といった“迷信”が広まっているようです。シャンプー時代に生まれ育っている人たちにとってはそれが“常識”なのでしょう。
石けんで髪を洗ってもいいの?
石けんとシャンプー剤の両方を試してみて、自分の目的、頭皮や髪の状態に合っていたらどちらを使ってもよいですし、単に洗浄を目的とするのであれば、石けんで洗い、酢などでリンスをしてもよいでしょう。
育毛のポイントを3つ挙げると
育毛のポイントを3つ挙げるとすると、まずは新しい毛が抜けないようすること、そして頭皮の血行を促進すること、最後に、毛穴の皮脂を取り除くことです。
育毛シャンプーで頭皮環境を整える
育毛シャンプーといえば、薄毛や抜け毛が気になりはじめたら使うもの、というイメージがあります。
育毛シャンプーの種類
薄毛を解消して育毛をするためには、日ごろのヘアケアが大切です。