育毛剤と発毛剤の違いを知っていますか?

育毛剤よりも発毛剤のほうがイメージ的には効果があるように感じますが、はたしてどうでしょう。

 

育毛剤は、現在生えている頭髪をいかに護り育てていくかという観点でつくられたものです。一方、発毛促進剤はそのものずばり、毛を生やす薬ということになります。

 

多くの男性の薄毛の原因である男性型脱毛症のような場合は、ハゲていてもヘアサイクルが短縮して細毛化した状態で、髪がまったくなくてツルツルしているわけではありません。うぶ毛はあるわけですから、うぶ毛をハリ、コシのある太い髪に育てていかなければならないことから「育毛」ということになります。

 

円形脱毛症の場合は、脱毛部はうぶ毛もなくなった状態ですから、新毛が生えてくるようにしなければならないことから「発毛」ということになります。

 

男性型脱毛症の頭頂部の脱毛に有効といわれ、発毛剤として販売されているものが、円形脱毛症には効果がないとされているような製品や、円形脱毛症に育毛剤を使用したら発毛してくるようなものもあります。

 

発毛剤のほうが有効率が高いということはなく、厳密な区別がないことから、発毛も育毛も混同して使われているのが現状です。

 

効果についてですが、ほとんどの医薬部外品の育毛剤には基本的にアルコール類が含まれていることと、センブリエキスなどが配合されています。

 

これらは血行を促進する作用がありますので、育毛効果はあるといえます。しかし、これらは自分の症状にあったものかどうかを知らないで使ってもあまり効果の上がるものでもありません。

 

 

銀クリ aga 効果 薄毛治療の詳しい情報はこちら

 

関連ページ

チャップアップやブブカ
チャップアップには32種類の育毛成分が配合されていて、同シリーズのサプリメントと合わせると50種類もの育毛成分が含まれていることで人気があるようです。
育毛剤を選ぶ時
育毛剤を選ぶ時は、自分の抜け毛の原因やタイプを考慮して選ぶ必要があります。 ストレスによって一時的に抜け毛が増えている人が、AGA用の育毛剤を使用しても効果が出ないことがあります。
頭皮の状態に合わせた育毛剤
自分の薄毛のタイプや頭皮の状態に合わせた育毛剤を使用することで、頭皮環境が整い健康な髪が育ちやすい状態を作ることができます。
ノコギリヤシが配合された育毛剤
ノコギリヤシには、酵素5α−リノクターゼの生成を抑制する働きがあるので、前立腺肥大のみならず男性型脱毛にも効果が発揮されるといわれています。
育毛ローション
チャップアップには、北海道ミツイシコンブ由来エキス(M-034)という海藻エキスが配合されているほか、ノコギリヤシや亜鉛など、育毛や頭皮ケアに効果的な成分が30種類以上、同シリーズのサプリと合わせると50種類も含まれています。
安心・安全の育毛剤
チャップアップは厚生労働省から認可されている安心・安全の育毛剤なので、副作用のリスクはほぼゼロと言える
育毛効果を求めたい
育毛効果を求めたい