医薬品の育毛剤と医薬部外品の育毛剤

育毛剤には、医薬品の育毛剤と医薬部外品の育毛剤があります。
医薬品は、文字通り薬で、治療のために開発されたものです。
これは薬事法の基準をクリアしているので、効果や効能を明確に表示することができます。

 

一方、医薬部外品というのは、医薬品と化粧品の間にあたるものであり、薬ではないので医薬品のような効能や効果を表示したり宣伝することは認められていません。
つまり、同じような効能を持っているとしても、医薬品は「薄毛が治る!」と謳うことができますが、医薬部外品の場合は「薄毛を防ぐ」といった表現にしなければならないのです。
日本では、たくさんの育毛剤が販売されていますが、そのうちの6割以上が医薬部外品となっています。
医薬部外品の育毛剤は、髪の毛を生やす、髪を増やす、薄毛を治す、という効果はありません。

 

頭皮の健康状態を良くして、健康な髪が生えてくるような環境を作るという目的を果たすことで、結果的に健康な髪が生えてくる効果に期待できるかも!というものです。
そうはいっても、医薬部外品には育毛効果は全然ないということはなく、医薬品ほどの即効性がないだけで長期間使用していると思った以上の効果があらわれる製品も多いんですよ。
脱毛や薄毛の原因が頭皮環境の悪化によるものだった場合、期待以上の効果が実感できることも少なくありません。

 

 

カークランドロゲイン5%が格安

 

銀クリで薄毛治療を受けるときも、外用薬はカークランドのロゲイン5%を使うと、費用がかなり抑えられます。

 

8本で7,900円(税込)
6本+2本の8本で7,900円(税込)■2本ずつ4回に分けて発送!■スポイト付カークランドロゲイン5%(男性用)

 


銀クリ aga 効果

 

 

関連記事